読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキトキメキス

夢見たものは…

ヲタクの長いひとりごとだと思ってください

Hey!Say!JUMPが10周年を迎える今年、わたしはジャニヲタになって4年目になります。今まで、具体的な数字としてファン歴を気にしたことはなかったけれど、最近はすごく気になる。ラジオやテレビや雑誌、Twitterやこのはてブロ内でも、昔の話題が出てくることが多くなったと思うからです。

やっぱり、昔からファンの方はそのグループをずっと見てきているし、歴史も思い出も積み重ねが大きい。'昔'という言葉をここで使ってよかったのか分からないけれど、わたしにはこの表記の仕方しかまだできないです。

 

Hey!Say!JUMPが気になり始めたのは、というより前に、いまの自担である有岡くんを気になり始めたのが、金田一少年の事件簿(の頃)です。ジャニヲタの方って、グループ全体よりもある個人を入り口としてハマっていく人が多いんじゃないかな?どうなんだろう。

まぁ、で、金田一少年の事件簿スペシャルドラマですごくかわいい子がいる!なにこの人!ってなりました。…なんだけど、好きになったきっかけを正確に言うと、金田一の番宣でお正月にしゃべくり007に出て、山ちゃんと有岡くんと川口春奈ちゃんとぐっさんだったかな…でロケをしてて、虫を食べてることになって。「虫ダメなんだよ…」(ニュアンス)の一言を発した瞬間に、です。今考えると、これって一目惚れなんだよね。

それまで、わたしの中でジャニーズといったら嵐さん。いつも仲良くしている子で嵐ファンの子がいて、塾が一緒でその送迎も一緒、車の中で流れている曲は行きも帰りも嵐。なのでファンやってる方ほどではないですが、ある程度の情報量(楽曲からエピソードやら色々)はあったと思います。

でもわたしは、嵐にピンとこなかった(風景のアルバムは買ったけど)

たぶん、自分の周りでまだ誰も開拓していないところに行きたかったから。

元々、周りの同級生を見渡しても「ジャニヲタです!!!」って人は少なかったこともあって、Hey!Say!JUMPを好きな子が周りにいなかったんです。だからあの時、有岡くんをみつけられた私にお礼を言いたい。ありがとう。

まあそんなこんなで有岡くんを好きになったのはいいけど、なんてったってここからが長い。Uターンはいまの内ですよ。

まず周囲の人に「ジャニーズ好きになった」って言えなかった。わたしの住んでいるところは、小中と同じメンバーで、誰がどういうキャラで何が好きでっていうのが、もう浸透してたんだよね。わたしは所謂 ''大人しいタイプ'' 。休み時間は好きな本を読んで、仲がいい友だちと喋って。幸運なことに勉強は出来るほうだったから、学級委員とかそういう目立つことも経験はした。だけど自分から発信することが得意じゃなかったし、何より「え、ほちちゃんジャニーズ好きになったの?」って言われるのが恐かった。ジャニーズが好きということを堂々と言える人もいれば、知られたくない人もいると思う。わたしは、後者だった。小中までの友だちには知られたくなかった。

自分でもちゃんとした理由は分からないけれど、今まで作ってきた わたし のイメージが崩れたら、仲良くしてもらえなくなるんじゃないかな とか思ったんだよね、きっと。 ポジティブなフリしてそれは強がりだったりとか、自分のことを偽るのが得意だったからいろいろ上手く隠せてた。もちろん、まだ今もその気はある。余裕で健在。だから他に、ジャニーズが好きだということを隠さないでいける環境ができたときはすごく嬉しかった。Twitterはてなブログもそうだけど、なにより学校でがいちばん。

さっき書いた嵐ファンの子とは、いまも同じ学校に通ってる。その子は本当に優しくて、でもきちんと感じたこと考えたことを正直に伝えてくれる、尊敬できる子で。その子がそういう風に立ち回ってくれていたから、そのおかげで「Hey!Say!JUMPを好きになったんだ」って言えた。まあ?その子に「ほちもジャニーズ好きになってみなよ!めっちゃ楽しいから!ほんとに!」って言われたこともあるから、その言葉にすこし影響されたのもあるんだけどね。

それでようやく、楽しく話もできるようになってきてさ。後はわたしがジャニヲタになったのをいいことに、ジャニショに連れて行かれたりピカンチの映画の付き添いをさせられたり(映画すごい面白かった)したの。うーん、いろいろしたなあ(笑)でも、今ではすごく感謝してる。新しい場所に足を踏み入れることって、とても勇気がいることだから。あの時、わたしの手を引いていろんな場所に連れて行ってくれて、それだけじゃなくてたくさんのことを教えてくれた。今でもいろいろ教わっているしね。ありがとう。

そして今、またわたしは新しい場所に足を踏み入れようとしています。それは、昔のHey!Say!JUMPを知ること。きっかけは2016-2017のニューイヤーコン(わたしはこう呼んでる) セトリでYour seedが入ったのは、もう周知の事実じゃないのかな。それで、曲が始まって周りも何となく乗ってきたかなって時にサビに入ったんです。その時、わたしはペンライトを振る手が止まりました。2列前ちょうど斜めにいた子が、すごいノリノリで踊っているのをみたから。始めてみる踊りでした。ああ、きっとファンが踊れるやつなんだろうな…って考えなくても分かりました。悔しかった。コンサートに行ってする態度としてどうなんだろと思うけれど、その時ばかりはJUMPのみんなより、その子をみてしまった。

「この子は昔から応援してる子だ、わたしはそうじゃないんだ。」

そういうのって、色んな場面で痛感する。「もうちょっと早く好きになっていれば」はわたしの中では禁句だけれど、その時は、そう思うほかなかった。

わたしは好きになったものに対して自分がどこまで掘り下げていったらいいのか分からなかったし、それはしなくてもいいんじゃないかなって思ってた。好きでいるうちに昔のことを知って、学んでいく。それでいいと思ってた。だって、掘って掘ってどんどん好きになるのが恐かったから。嬉しい楽しいとは逆の、辛い苦しい怖いっていう感情がみえるのが嫌だったから。

でも、それを全部通り越すくらいに、悔しかった。

家に帰って、まだ観てない中古で買ったCDを漁った。なんとかYour seedがあったからPVをみて、ああこれか、って、ため息のような歓声のような声が出た。またひとつ、ファンとしてのスキルが上がったかなって思えた。だけどこれは、自分が周りから見られることを意識して出た感想。

「ファンだから知ってるでしょう?」

言葉の捉え方は人それぞれだけど、この言葉を言われることほど新規ファンにとって辛いことはないとわたしは思っています。

知らないなら知ろうとすればいい。うん、わたしもそう思う。古参の方々の昔のことを知っていてほしいというツイートやブログもたくさん見ました。丁寧に教えてくださっているものが多くありました。文明の発達があって、インターネットで探せば出てくることはたくさんある。だけれど、それでも補えないものだってあると思うんです。 何が?と聞かれても、上手く答えられるわけじゃないけれど。

だから…………

うーん、ここでだからを使って繋ぐのもどうかと思うけど、わたしは知ることを諦めないことにしました。言っていることはゴジャマンカイだし、矛盾だってある。だけど、わたしがここで出した結論は、いちばん言いたかったことは、知ることに貪欲になること。

ファン・ヲタクをしていく上で、人それぞれ好きのカタチが違って、意見が分かれて、ぶつかる事だってある。それでも、同じ意見を共有したくて、嬉しさや楽しさや幸せを分かち合いたい。難しいことより先に、アイドルを好きでいたい。それだけなのかな、って。その後、好きでいるからこそ欲が出てくるのかな、って。そんな風に思います。

 

 

とても長くなりました。終わり方、分からなくて変なところで切っちゃったけれど、思っていたこと感じていたこと言いたかったこと、わたしの文章能力では上手く書けなかったのかもしれないけれど、いまのわたしの精一杯。

次は楽しいことを書こうと思っています!というか、下書きに溜まっています…(笑)とんでもなく書くスピードが遅いから、しょうがないよね。

ここまで、読んでくださった方、ありがとうございました。わたしの個人的な意見ですので、そんな方はいないと思いますが鵜呑みにはしないでくださいな!それから、言葉の使い方や言い回し、勉強中ですので大目にみてもらえると、、、首尾一貫して話を続けることもできないので、、、そこはもう、気にしないでほしいところでもあります。勉強します。

へへ、それでは

 

はじめましてのご挨拶

はじめまして。

はてなブログ、はじめてみました。

軽く自己紹介しますと、Hey!Say!JUMPにハマっているジャニヲタです。ちなみに、自担はありおかくん。すごくかっこいいしかわいいです(誇らしげ)

 

これまで、Twitterでちょちょっとお見かけしては気になったものを覗きに行き、軽率に読者になるボタンを押し続けて来ました。(おかげさまで何も投稿していないのにアクセス回数がなぜか増えています。)

色んな方の曲に対する感想や想い、お誕生日おめでとうや自担大好き!これハマりそう!な文章、はたまた数々の妄想ブログを楽しみながら読ませていただいてきました。

ジャニヲタの方々って、とにかく文才あるかた多くて!!!!!もう、おったまげ~~~!!!!です。それから、語彙力と表現力。「え、どこからそんな思いつきが??」「あー、分かる分かる。わたしもそう思ってた。」等、毎回心の中で突っ込みながら読んだり、「そっかあ、そんな考え方があったのかあ。」など、自分と異なる意見に考えさせられたり。大先輩ジャニヲタの方々から、たくさんの好きのかたちを勝手に学んできました。(不審者ごめんなさい笑)

わたしは人の書いた文章を読むのがすごく好きだけど、それと同時に、自分で書くこともしてみたい!と思っていました。Twitterの140という文字制限の中で、上手くまとめられるならそれはいいことだけれど、一気にぶわぁぁぁと思いの丈を綴れるブログもいいではないか!!なんて素敵な場所!!!と常々思っていたので、きょう、やっとはじめようと思います。

何を書くかなんて、まだ決まってないし、上手くかけるかも分からないけれど、それはそれでいいじゃないか!ほら!エエじゃないか~~~ってWESTのみんなも言ってくれてる!ありがとがんばる!(妄想)

それでは、挨拶が少し長くなりましたが以上!最初なに書こっかな~~(もう下書きに3枚くらい溜まってるなんて言えない……)